放課後等デイサービス ぶるーべりー石橋

トップ >理念・方針

理念・方針

ぶるーべりー石橋とは?

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスは、2012年4月に定められた児童福祉法をしての事業です。
障がいのある、6歳〜18歳の就学児童(小学生・中学生・高校生)が、学校の授業終了後(放課後)や長期休暇中などに通う施設です。
学校外で集団生活を行う機会や居場所をつくり、障がいのある子供たちを持つ家庭を支えるために創設され、障がい児の学童保育とも表現されます。

基本理念

利用者及びそれを取り巻く地域の人々に対して、誰もが「共に生き」、「共に働き」、「共に学ぶ」という「地域共生社会」を目指します。
命の尊厳や心のふれあい、意思決定の自由など、一人ひとりを尊重し、大切にします。
学習面、生活面、保護者のニーズなどを通じて、ヒューマンスキルの向上と真のノーマライゼーションの実現を支援します。

運営方針

利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な、日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練を行います。
利用者の所在する市町村、他の障がい福祉サービス事業者等との密接な連携に努めます。

ぶるーべりー石橋の特徴 その1

・児童ひとりひとりに合った療育
保護者様との面談を通して個別支援計画を作成し、お子さんの発達段階に応じて課題を設定します。ぶるーべりー石橋では、現役国立大学生・高校生や元小学校教諭がおり、充実した教育や学習支援を行えます。利用される方と同じように、障がいを抱えるお子さんを持つスタッフもおりますので保護者様と近い目線での支援が行えます。
当スタッフは様々な福祉施設での経験者がおり、色んな角度からのアプローチが行えます。

ぶるーべりー石橋の特徴 その2

・小集団の中で社会生を身につける
学童クラブや放課後子どもクラブ、民間学童の定員が何十人なのに対して、放課後等デイサービスの定員はほとんどの施設で10人ほどの小さな集団です。
ぶるーべりー石橋では、月々に合った工作・絵などの制作活動を行っています。
クッキンでは、おやつ作りなども行っています。制作活動以外にも動物園や工場見学などの外出・野外活動も行っています。個人だけでは行うのではなく、お友達みんなで活動を行っています。

ぶるーべりー石橋の特徴 その3

・家族のサポーターとしての役割
ぶるーべりー石橋では、家族のサポーターとしての役割、家族の「レスパイト」の役割を担っています。「レスパイト」とは「休息」「息抜き」などという意味です。施設を利用している間に、介護をしている家族などが一時的に介護から解放され、休息をとれるようにする支援のことです。
利用日を決めておけば、ご自分のスケジュールも立てやすくなります。利用時間も固定ではないので、時間内であれあ工夫できます。必ずではないですが、急用などでも対応できることが可能です。

プライバシーポリシー

個人情報の収集・利用

「放課後等デイサービス ぶるーべりー石橋」 は、以下の目的のため、その範囲内においてのみ、個人情報を収集・利用いたします。

  • ご利用者様に有益かつ必要と思われる情報の提供
  • 運営上で必要となる問い合わせ、確認、およびサービス向上のための意見収集
  • 各種のお問い合わせ対応

個人情報の第三者提供

法令に基づく場合等正当な理由によらない限り、事前に本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に開示・提供することはありません。

委託先の監督

ご利用者様へサービスを提供する等の業務遂行上、個人情報の一部を外部の委託先へ提供する場合があります。その場合、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うように管理いたします。

個人情報の管理

個人情報の漏洩、滅失、毀損等を防止するために、十分な安全保護に努め、またお預かりした個人情報の適切な管理を行います。

放課後等デイサービス ぶるーべりー石橋
■プライバシーポリシーに関するお問い合わせ
TEL:072-737-9225
FAX:072-737-9203

*
*

ページ上に戻る